悩み

赤ちゃんの公園デビューっていつから?注意点と楽しみ方も実体験で紹介!

2020-08-12

赤ちゃんの公園デビュー

 

新米パパ

  • 赤ちゃんの公園デビューっていつ?
  • 早めに連れて行くべきなの?
  • 公園デビューする時の注意点は?

 

このような人向けの記事になります。

 

子どもの公園デビューはしっかり歩けるようになって、ある程度の会話ができるようになってから、なんて思ってませんか?

 

実は公園デビューって0歳から始める人が多いんです。

 

この記事の内容

  • 赤ちゃんの公園デビューはいつから
  • 公園での注意点・楽しみ方【成長別】
  • 公園に行く時に意識したいこと

 

✔︎この記事の信頼性

一児のパパとして、毎日子育てに奮闘中。公園デビュー時に学んだこと、反省点など当時の経験を執筆しました。

 

この記事を読むことによって、公園デビューをより安全に楽しむことができるようになります。

 

特に公園はパパが活躍できる場でもあるので、しっかり学んで行きましょう。

 

コロナウイルスの影響で外出しづらい環境ではありますが、ずっと家に籠っているのは赤ちゃんにとっても、親にとっても負荷がかかります。予防を行い、距離を保ちながら楽しむようにしましょう。

 

赤ちゃんの公園デビューはいつから

公園デビューする赤ちゃんとママ

 

赤ちゃんの公園デビューは0歳〜1歳のうちに始めることがほとんど

ママが1人で連れてきてる場合が多いですが、パパが1人で連れてきてる姿もよく見かけます。

 

パパ達の不安・赤ちゃんの安全面から、初めは首がすわってから行くのが良いでしょう。

まずは公園に行くメリット・注意点から解説します。

 

ポイント

  • 公園に行くメリット
  • 公園に行く時の注意点

 

1つずつ説明しますね。

 

公園に行くメリット

 

赤ちゃんにとって公園とは何もかもが新鮮です。

室内では見たこともないような風景・匂い・音など、五感を通して感じることができます

 

ポイント

  • 遊具
  • お砂場
  • 周辺の草木
  • 子ども達の声

 

自宅のお庭なども良いですが、「普段とは違う世界」を多く体験できるのは子どもにとって大変貴重です。

 

また、パパママにとってもメリットがあります。

 

少子高齢化で孤立した育児になりやすい中、公園には同じように育児に奮闘しているパパママが多くいます

 

昔ほど地域の協力が得られず、悩みが多い現代のパパママ達。

直接他のママ達と話さなくても、顔を合わせるだけでも気持ちが楽になります。

 

公園に行く時の注意点

 

公園に行く時の注意点は下記の通り。

 

ポイント

  • 虫対策
  • 道路に飛び出し
  • 人にぶつからないよう注意

 

上記の注意点は「子ども」と「親」どちらに対してもの注意点です。

 

パパ達は子どもに危険がないか注意しますが、自分に対して注意が足りない場合があります。

 

当然のことですが、公園にいるのはあなたの子どもだけではありません

 

また、ボール遊びができる公園では突然ボールが飛んでくることもありますので、そういった点にも注意が必要です。

 

公園での注意点・楽しみ方【成長別】

男の子の幼児と乳児が芝生に寝そべってる

 

0歳の赤ちゃんは月齢による成長速度がそれぞれ違うため、赤ちゃんの成長別に注意点・楽しみ方を解説していきます。

 

ポイント

  • 首がすわったら
  • お座りができたら
  • 歩けるようになったら

 

順に解説していきますね。

 

首がすわったら(楽しみ方)

 

首がすわることによって赤ちゃんの視点も以前より安定します

 

色鮮やかな遊具に近づいて触れさせたり、公園内の植物や木などを指差ししながら話しかけてあげるのが良いでしょう。

 

まだ視力はよくないので、できるだけ近づいてあげると刺激を受けるはずです。

 

わや
赤ちゃんの視力が平均的である「1,0」になるのは6ヶ月頃と言われています。

 

首がすわったら(注意点)

 

この段階ではまだモノの認識ができるようになり始めたばかり。

首がすわる目安が3〜5ヶ月程度

 

ちょうどその頃に赤ちゃんは、

  • 動くモノを目で追い始め、
  • 色の認識が始まり、
  • モノの「奥行き」を

認識し始めるタイミングです。

 

そのため、まだ新しい刺激に不安を覚えることも。

どの段階でも同じですが、赤ちゃんのペースを大事に進めていきましょう

 

お座りができたら(楽しみ方)

 

お座りができるようになると、グッと遊びに幅が出てきます。

 

パパ達と一緒に緩やかな滑り台を滑ったり、跨って楽しむ遊具などにも乗ることができます。

 

この段階からはレジャーシートを持って行くことで家族でピクニック気分を味わうこともできます。

 

お座りができたら(注意点)

 

お座りができる段階ではパパ達の行動に注意が必要です。

 

一緒に滑り台などを楽しむことができますが、まだ赤ちゃんの体はしっかりしたわけではありません

 

できることが増えて楽しくなるのはパパ達も一緒ですが、あまり浮かれすぎず、慎重になることも忘れずにいましょう。

 

ハイハイができたら(楽しみ方)

 

ハイハイができる段階では、芝生がある公園などに行ってみるのが良いでしょう。

 

室内の床やマットとは違った感触に戸惑ったり、喜んだりする姿が見れるはずです。

 

ここでもレジャーシートを用意することによって、一緒にゴロゴロとすることもできます。

 

ハイハイができたら(注意点)

 

芝生では、虫やゴミなどが目につかない茂みの中に潜んでいることも…。

 

事前にチェックすることも大事ですが、不安であればレジャーシートの上だけで遊びましょう。

 

また、赤ちゃんのハイハイは成長とともにかなり早くなります

「まだ歩けないから」と、目を離すことがないよう気をつけましょう。

 

歩けるようになったら(楽しみ方)

 

歩けるようになった赤ちゃんにとっては公園の中全てが興味の対象です。

 

また、遊具も少しずつ補助なしで遊び始めだします。

 

自分の身長よりも高い滑り台からだって1人で滑りたがります。

 

さらにお砂場も開放です。

初めてのお砂場用に「お砂場セット」を用意してあげると、子どもにとっても、親にとっても一緒に遊びやすいです

 

歩けるようになったら(注意点)

 

歩けるようになったとはいえ、まだまだ注意力はついていません。

  • 周りの子ども達
  • 遊具の角
  • 砂場でこけないように

など、常にパパが周りを警戒してあげましょう

 

この頃にはパパ達の体力よりも子どもの方が元気なことも。

 

わや
パパも少しずつ体力を付けていきましょうね。

 

公園に行く時に意識したいこと

シャボン玉を見ながらレジャーシートに座る幼児

 

公園で楽しく遊ぶためには、行く前に意識しておきたいことが3点あります。

 

ポイント

  • 午前中に遊びに行く
  • 外遊び用の服を用意する
  • 公園周辺のことも調べておく

 

公園内で楽しむために、必ず意識しましょう。

1つずつ紹介していきますね。

 

午前中に遊びに行く

 

公園に行くのは午前中、できれば早い時間が良いでしょう。

 

ポイント

  • 人が少ない
  • 日差しが強くない
  • お昼寝しやすくなる

 

午前中に元気いっぱい遊ぶと、帰宅後の昼食→お昼寝がとてもスムーズになります。

 

また、人前で遊ぶのが恥ずかしいパパ達でも童心に返って遊ぶことができますね。

 

外遊び用の服を用意する

 

外遊び用の洋服は初めのうちは長袖・長ズボンが良いです。

 

長袖・長ズボンにすることによって、

  • 日焼け
  • 虫刺され
  • 転倒などの怪我

これらを対策することができます。

 

また、お外で遊ぶ用の服を用意することによって、下記のメリットがあります。

 

ポイント

  • 洗濯がしやすい
  • お気に入りが汚れない
  • 子どもが公園に行けると分かる

 

特に子どもが「この洋服ってことは公園に行くんだ!」となると行く前からテンションが上がります

 

公園周辺のことも調べておく

 

公園周辺のことは必ず調べるようにしましょう。

 

子どもを守ることができるのは親だけです。

治安や道路状況などを知っておくことは重要です。

 

新米パパ
調べると言っても、ずっと見張って確認するってこと?

 

周辺に学校や交番があるか、あとは周辺の道路を確認するだけでも効果はあるよ!
わや

 

赤ちゃんの公園デビューは親も子も新たな発見があるのでおすすめ:まとめ

まとめ

 

公園で遊ぶことは、赤ちゃんにとっても親にとっても新たな発見がたくさん

 

子どもの成長を楽しみつつ、パパ達も自然にふれ気分転換をしましょう。

 

最後にもう一度注意点だけ確認です。

 

ポイント

  • 午前中に遊ぶ
  • 外遊び用の服を用意する
  • 公園周辺のことも調べておく

 

ママは特に赤ちゃんの日焼け・虫刺されが心配ですよね。

 

我が家もずっと心配で、何かないか探していました。

 

そこで見つけたのが、アロベビーのUV&アウトドアミストという商品です。

 

これ一本で虫除け・日焼け止め対策をすることができます

 

さらに100%天然由来成分なので、新生児から使用することができます

 

アロベビー UV&アウトドアミストのレビュー【日焼け止め・虫除けはこれ1本】の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

-悩み
-