悩み

保育園と幼稚園の違いを分かりやすく解説【覚える違いは3点のみ】

2020-07-03

保育園と幼稚園の違い

 

新米パパ

保育園と幼稚園ってどういう違いがあるの?

 

このような疑問を解消します。

 

結論からいうと、現代は教育に関して大きな違いはありません

 

以前は、世間一般的に保育園と幼稚園に対して、

保育園:のんびり健やかに

幼稚園:元気に活発に

このようなイメージが強かったですが、今はどちらも様々な取組みを行なっています。

 

「保育園」「幼稚園」と分けるより、園によっての教育方針による、ということになります。

 

ですが保育園と幼稚園は利用するにあたって条件などが違います。

 

この記事の内容

  • 保育園と幼稚園の違いは
  • 保育園の特徴
  • 幼稚園の特徴
  • 保育園と幼稚園どっちが良いか

 

この記事では保育園と幼稚園の違いを分かりやすく解説します。

 

共働き家庭ではママが仕事復帰する際にお世話になる施設ですが、各家庭ごとにそれぞれ話し合って決めなければなりません。

 

ママに任せきりではなく、パパもざっくりとでも両園の違いについて基礎知識を入れておきましょう

 

保育園と幼稚園の違いは

乳児と幼児が仲良く寛ぐ

 

保育園と幼稚園の大きな違いは下記の3点です。

 

ポイント

  1. 保育対象年齢
  2. 基本の保育時間
  3. 保育料金

 

細かい違いは後述します。

 

まずはパパママが知っておくべき大きな違いから解説します。

 

保育対象年齢

 

保育園 幼稚園
保育対象年齢 0歳〜5歳まで 3歳〜5歳まで

 

保育園は0歳の乳児からでも預けることができます。

仕事に復帰するママがいる家庭は保育園にお世話になることが多いです。

 

幼稚園は3歳〜5歳と、幼児の預かりになります。

 

基本の保育時間

 

保育園 幼稚園
基本の保育時間 8時間(7時〜18時頃まで) 4時間(9時〜14時頃まで)

 

保育園ではお昼寝の時間、給食の時間もあります。

 

幼稚園は日中の忙しい時間に預かってもらうイメージ。

 

どちらも園によって延長保育があります

 

保育料金

 

保育園 幼稚園
保育料金 無料(0歳〜2歳は住民税非課税世帯のみ) 無料(一部上限25,700円)

 

2019年10月より保育料無償化によって原則無料となります。

認可外保育施設、児童発達支援施設などは条件や金額が違うので確認しましょう。

 

無料となるのは施設の利用料のみです。給食費、医療費などは保護者の負担になるので要注意。

 

保育園の特徴

男の子が両手で差し出してる

 

保育園の特徴は下記の表になります。

 

保育園の特徴
対象年齢 0歳(生後43日頃)〜5歳
開園日 月曜〜土曜。日曜、祝日、年末年始は休園。
基本の保育時間 8時間(7時〜18時頃まで)。延長保育あり。
給食 義務
先生に必要な免許 保育士資格(国家資格)
所轄 厚生労働省

 

保育園は正式名称を保育所といいます。

 

施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である。

Wikipediaより引用

 

保育所の種類

 

保育所(保育園)にはたくさんの種類があります。

 

ポイント

  • 認可保育所
  • 認定こども園
  • 認定保育園
  • 認可外保育所
  • 小規模保育
  • 家庭的保育
  • 事業所内保育

 

どの保育所も一長一短、自身の地域の保育園情報は役所やHPで確認できます

 

保育所の入園料・保育料

 

2019年10月からの保育料無償化によって、3歳〜5歳まで基本無償となっています。

 

0歳〜3歳未満の場合、住民税非課税世帯は無料になります。

 

詳しくは内閣府HPで確認しましょう。

 

幼稚園の特徴

たくさんの幼児がお絵かきをしてる

 

幼稚園の特徴は下記の表になります。

 

幼稚園の特徴
対象年齢 3歳〜5歳
開園日 月曜〜金曜。夏休み・冬休みなど長期休園あり。
基本の保育時間 4時間(9時〜14時頃が多い)。基本保育時間以上預かりもあり。
給食 任意
先生に必要な免許 幼稚園教諭免許
所轄 文部科学省

 

幼稚園の種類

 

幼稚園は保育所と違い、種類としては下記の2点です。

 

ポイント

  1. 私立
  2. 公立

 

幼稚園の入園料・保育料

 

2019年10月からの保育料無償化によって、基本無料となっています。

 

子ども・子育て支援新制度の対象にならない幼稚園は25,700円の上限があります。

 

必ず自身の自治体のHPで確認しましょう。

 

保育園と幼稚園どっちが良いか

二人の男の子が仲良くこちらを見てる

 

保育園と幼稚園ではどちらが良いか、これは各園ごとに取組みや教育方針が違うので一概に言えません。

 

「保育園」「幼稚園」の違いではなく、パパ達が何を優先して選ぶかによっても変わってきます。

 

ポイント

  • 園の立地
  • 教育方針
  • 復職の時期
  • 預ける時間

 

また、待機児童問題もあり選びたい園に預けられないこともよくある話です。

 

地域によっては園の希望提出を「第10希望」まで埋めてくださいと言われることも…。

 

役所が公表するデータで、現在の園ごとの待ち人数や募集人数も分かるので必ず確認しましょう

 

保育園と幼稚園の違いを理解してママと相談しよう:まとめ

まとめ

 

最後にもう一度保育園と幼稚園の違いを確認しましょう。

 

ポイント

  • 対象の年齢
  • 基本の保育時間
  • 保育料金(基本無償)

 

保育園や幼稚園はほとんどの家庭でお世話になる重要な施設。

夫婦でしっかり話し合って、良き縁があると良いですね。

 

わや
候補は必ず下見に行きましょう。

 

-悩み
-