悩み

全ての赤ちゃんにおすすめできるオムツなんてありません【比較サイトは参考程度】

2020-07-26

赤ちゃんのオムツの選び方

 

新米パパ

  • 赤ちゃんのオムツってどこの会社がおすすめかな?
  • 比較サイトとかでおすすめのオムツ調べて買おう!

 

赤ちゃんのオムツは色々な種類があって悩みますよね。

比較サイトで使用感や価格を確認し、いざ購入。

 

ところが使ってみたらうちの子には合わないのか、オムツかぶれやウンチ漏れが…なんてことも。

 

この記事の内容

  • オムツの比較サイトは参考までにしよう
  • 実際の赤ちゃんのオムツ選び方法

 

✔︎この記事の信頼性

この記事を執筆している僕は現在子育て2年目です。実体験を元に、体験してよかったこと・反省すべきことを次の子育てにも活かせるよう日々まとめている内容から執筆しています。

 

この記事では赤ちゃんのオムツの選び方で大事なことを解説します。

 

結論からいうと、比較サイトはとても参考になるけどあくまで「参考」。

 

販売会社の公表するデータも「あなたの赤ちゃん」のデータではないので、情報を鵜呑みにせず、参考として捉えましょう。

 

実際我が家も比較サイトにはお世話になりましたが、失敗もありました。
わや

 

オムツの比較サイトは参考までにしよう

サイトに色違いの広告を載せる

 

オムツ選び含め、比較サイトはとても丁寧に比較しているので読んでいるだけで楽しいですよね。

 

比較サイトは公式サイトの情報をメインにパパ達が気になる部分を分かりやすく作成されますので、読みやすく購買意欲にも繋がります。

 

ですがここで注意点が。

 

ポイント

  • 赤ちゃんの体型
  • 赤ちゃんの肌質
  • 価格は店舗による

 

上記の注意点が、比較サイトを「参考にとどめる」理由です。

1つずつ解説していきますね。

 

赤ちゃんの体型

 

赤ちゃんの体型は当然個人差があります。

サイズの目安は各社が表示しているものを参考にできますが、あくまで目安です。

 

比較サイトでもほとんどの場合「個人差」や「目安」と表示されています

 

目安の体重内だとしても、赤ちゃんの太腿がしっかりしていると1つ上のサイズじゃないと入らないこともあります。

 

赤ちゃんの肌質

 

各社赤ちゃんの肌に合うよう作られてはいますが、全ての赤ちゃんに合うわけではありません

 

乾燥肌の子もいれば、敏感肌の子もいます。

 

また、体型の違いもあるため擦れてしまい肌荒れすることも。

 

比較サイトには「〇〇肌にも優しい」など記載がありますが、大人と同じようにそれが必ず当てはまるわけではありません

 

価格は店舗による

 

オムツの価格は購入するお店によって違います。

 

ネットでの購入であれば最新の情報を常にチェックできますが、比較サイトが常に最新の情報とは限りません

 

また、実店舗の価格は分からないのでその点にも注意しなければいけないです。

 

実際の赤ちゃんのオムツ選び方法

2枚重なってるオムツ

 

赤ちゃんのオムツ選びはとっても簡単。

それは順番に違うメーカーのオムツを試すだけです。

 

新米パパ
えっ、それじゃ合わないオムツはお金の無駄になっちゃうよ!?

 

ここで重要なのはただ闇雲に試すわけじゃないってこと。

それと合わなかったオムツは捨てる訳じゃないからね。

わや

 

ポイント

  • 比較サイトを参考にする
  • 公式サイトを参考にする
  • 口コミサイトを参考にする

 

順番に解説します。

 

比較サイトを参考にする

 

比較サイトを参考にしましょう。

「オムツ おすすめ 比較」などで検索すればたくさんの比較サイトが出てきます。

 

新米パパ
えっ、比較サイトは使うなみたいなこと言ってなかった?

 

この記事で伝えたいのは「比較サイトの情報だけを鵜呑みにして自分の赤ちゃんを見失うな」ってことなんだよね。
わや

 

上記でも紹介した通り、よく調べられた比較サイトはとても読みやすくまさに「新米ママ・パパ向け」のサイトです。

 

自分の赤ちゃんに当てはまる「かもしれない」と、参考にする分には時短にもなり、とてもおすすめです。

 

公式サイトを参考にする

 

比較サイトは新米ママ・パパの「多数が気になる部分」のみまとめていることが多いです。

 

公式サイトでは自社の商品の魅力を余すことなく紹介しているので、比較サイトには載らないような情報もたくさん

 

ただ公式サイトもあくまで「参考」です。

 

公式サイトを参考にとどめる理由は、当然ですが自社の商品の魅力のみを紹介しているサイトだからです。

 

1番重要なのが次に紹介する口コミサイトです。

 

口コミサイトを参考にする

 

口コミサイトも検索すればたくさん出てきます。

 

ここで注目したいのが「悪い評価」です。

 

良い評価の内容はメーカーごとに売り文句としてすでに情報を得ています。

 

  • 吸水性抜群
  • 通気性No,1
  • 履かせやすい

 

良い評価はメーカーの推してる部分の成果があった証明です。

 

悪い評価はというと下記の点が考えられます。

 

ポイント

  • メーカーの意図しない問題
  • 公表している情報とのずれ

 

もちろん自分の子と必ず合わないわけでもないのでこちらも「参考」までにしましょう。

 

オムツ選びでおすすめできないこと

スーツの男性2人に板挟みの女性

 

オムツ選びでおすすめできないことは下記の2点あります。

 

ポイント

  • 知り合ったばかりのママ友・パパ友に相談
  • 値段で選ぶ

 

この2点は長期的にみると重要です。
わや

 

知り合ったばかりのママ友・パパ友に相談

 

オムツのおすすめをママ友・パパ友に聞くことはあまりおすすめできません。

 

子どもに合わなかった時、または他に良いオムツに出会った時、教えてもくれた相手の中にはよく思わない人も…

 

  • 「うちはこれが合うから教えたのに」
  • 「うちが使ってるものは品質が悪いって言いたいの?」
  • 「もう教えてあげないし仲良くもしない」

 

ほとんどの人は気にせず「合わなかったんだ〜」と話も終わりますが、中にはこのような考えの人もいます。

 

それがこれから保育園・幼稚園・小学校と一緒の場合、後々苦労をすることも…

 

ママ友・パパ友にも色々な人がいます。
わや

 

値段で選ぶ

 

長年使うものなので、値段はもちろん重要です。

ですが「ただ安さを追求して」購入するのはおすすめできません

 

上記で解説してきたように、オムツを選ぶには自分の子どもに合ったものを選ばないといけません。

 

安いからという理由だけで選んだオムツが合わずにかぶれ、ウンチ漏れなどの悩みがあってはそれこそ大変です。

 

値段で選ぶなら安さではなくコスパで選ぶようにしましょう。

 

また、値段はネットの方が高いことが多いですが、ネットでの購入はメリットが多いです。

 

ポイント

  • オムツはまとまると意外と重い
  • 店舗に買いに行かなくていい
  • 定期便などでお得に買い物できる

 

お店に買いに行くと欲しいオムツがない場合、何店舗も回らなければいけません

 

さらに車で買いに行かない限り、オムツだけで買い物が終わってしまうことも…。

 

アマゾンでは定期便でお得に買い物でき、楽天ではポイントがお得に貯まることも

 

労力・時短にもなるので値段だけを基準にするのではなく個人の「生活環境」で考えましょう。
わや

 

オムツは比較サイトなどを「参考」にして子どもに合ったものを探そう!:まとめ

まとめ

 

赤ちゃんのオムツに限らず、赤ちゃんのことは分からないことがたくさん。

 

周りに相談できる友達がいないとついネットの情報に流されがち…

 

大事なのはネットの情報はあくまで「誰かの子ども」にとって良かった情報で、「あなたの子ども」に必ずしも良い情報かは分かりません

 

もちろん誰かの子どもの役にたった情報を「参考」にするのはとても重要です。

 

当ブログでも僕の体験を「参考」にしてもらえたら幸いです。

 

最後に我が家のオムツ事情は下記の通りです。

 

新生児〜1歳前後:パンパース・はじめての肌へのいちばん新生児サイズ〜Mサイズ(テープ)

現在:ムーニーマン・エアフィットLサイズ(パンツ)

 

他社で有名なメリーズ・グーンは我が子には合わずウンチ漏れで洋服が…。
わや

 

-悩み
-

© 2021 子育てパパぶろぐ